経歴とチアーマザーズ設立の背景について

こんにちは、チアーマザーズ代表の上田です。

チアーマザーズの社員は全員女性、8割は0歳~5歳のお子さんを持つママです。待機児童問題で「小さな子どもがいて、働きたくても働けない」という主婦たちの雇用をとにかく生みたいと思い、事業を始めて3年半が経ちました。気軽にチアマザと呼んでください。

さて、チアマザ設立のきっかけについて、熱く語りたくなったのでお話したいと思います。

あっ、その前に、私の経歴を交えて自己紹介します。

  • 2008年  18歳 アズ株式会社入社

キャバクラから足を洗ったあと、たまたまバイトルの求人で見つけたアズ株式会社(リンク→https://asz-park.com/)にコールスタッフとして、入社しました。時給は800円でした。

日頃から愛嬌だけはあって、そのせいかアルバイト初日からアポを3件獲りまして。気付いたら1日最高21件のアポイントを獲るという異例の実績をたたき出しまして。(自分でいうのも何なのですが。)

 

ええ、もちろん調子に乗っていました。

 

  • 2009年  19歳 コールセンター長 兼 営業コンサルタント 就任

アズ株式会社で、アルバイトから社員になりました。

アルバイト時代の実績を高く評価して頂き、社員になってから2ヶ月で、30名ほどいるコールセンターのTOPになりました。

とにかく尖り続け、「鬼のコールセンター長」と呼ばれていました。

2010年  20歳 コールセンター長 兼 新規営業担当 就任

テレアポだけでは学べなかった、「営業力」を徹底的に叩き込んでいただきました。
営業代行会社は、様々なクライアント様の商品・サービスがどうしたら売れるか?というところからお手伝いします。

マーケティングとは、というところから学び、経験したことのない業種の企業様に対して、ターゲットやら、営業戦略やらを立てました。
コールスタッフの管理・マネジメント、既存のクライアント様の対応、新規の訪問…、いくら時間があっても足りないくらい、人生がお仕事一色でした。

365日、厳しく、とにかく厳しく育てて頂きました。
このころに教わったことは私の全てです。感謝しかありません。

そして、女だから仕方ないねとか、女だからこうだよね、と言われることはなく、決して甘やかされることもなく、かといって見下されることもなく。頑張れば頑張っただけ、評価してもらえるなら、私はもっともっと頑張りたいと思っていました。

2012年  22歳 幹部メンバーになる
経営について、ここで学びました。

2013年  23歳 運命の出会い、そして結婚
仕事一色だった私に春が訪れました。そうです、恋です。18歳から仕事に染まり続けていた私はこのとき、初めてデートというものをしました。初めてのデートは上野動物園だったと記憶しています。お付き合いして半年で結婚しました。スピード結婚です。

「鬼の上田」と言われていた私が、恋をして、「丸くなったね」と言われるようになりました。(体型ではありません、今は体型も若干丸くなってきちゃいましたが。)

妊娠を機に、ハードな営業職からは外れ、特殊部隊として経営者層のサポート業務をしていました。経営者のそばで、仕事ができるのは本当によかったなと思います。

この時は、「よし、子育てに専念しよう!専業主婦になるぞ!(わくわく)」という今思うとゾッとするのですが、そう思い立ち、アズ社を退職することになりました。

2014年  24歳 妊娠、出産、育児
働けない期間があるので、その間はいわゆる専業主婦でした。
1日子供といる、自分の収入がない、母親業は評価されない、ということに耐えられず、月に数時間ほど、育児をしながら在宅でお仕事をしていました。
認可の保育園に空きがなかったため、母親に週2回預けて、営業に行くこともありました。
1日数時間しか働けない、働けないって地獄だ、と思いましたね。

2016年  26歳 チアーマザーズ株式会社 代表取締役就任
2人目の子どもが生まれた年です。娘が2歳、息子が0歳6ヶ月のころ、チアーマザーズを創りました。

本題、チアーマザーズ株式会社設立について

あー働きたい、自分にも稼ぎが欲しい、あー働きたい!

これが、子供が産まれ、子育て中の私の毎日の心の中の思いでした。
もちろん、子供はかわいいですよ。
でも、毎日24時間一緒にいるのは本当に苦痛だった・・・。

働けないって地獄だな、と思いましたね。
素敵な旦那様と結婚し、ありがたいことに嫁の私自身が働かなくとも生きていける生活環境ではありました。

ただ・・・、ほしいものはおねだりしないといけない。

自分の欲しいものが自分の意志だけで購入できない。
これって、なんのために大人になったんだろう?って思いませんか?

子供のころ、世間から大人として認めてもらえるまでは、とにかく我慢の連続です。
決められた時間に起き、ご飯を食べ、学校に行き、授業を受ける。授業は50分座っていなくてはいけない。門限もある。寝る時間さえも指定されることもある。
ほしいものを手に入れるにも、行きたいところに行くのも「保護者の許可」というのが必要ですよね。

結婚して、働いていないと、なんだかこの子供のころの窮屈なときがフラッシュバックしてしまって。

あー働きたーーーいっ。
そんな私に直面した壁は、「保育園が空いていない」といういわゆる待機児童問題です。
それでも母親に週2回預けて、成果報酬型のフルコミ営業にチャレンジしたり、在宅でお仕事をしたり・・・。

少しの時間だけでは、成果も報酬も、中途半端でした。
やるならちゃんとやりたかったのです。

そこで、「認可外保育施設」という法人が運営している施設に預けることを検討しました。
しかし、なんとそういうところって、1ヵ月まるまる預かってもらうには、1人7万前後が当たり前なんですよね。

私の場合は、子供が2人いるので14万、オプションも入れると15万くらい・・・。

 

えっだったら自分で保育園的なものを作って、預け先と仕事を用意したらよくない?
と思いました。

私と同じようなママは、きっとたくさんいる、だからそういう人達を集めて、社会に貢献していきたい。と強く思うようになりました。(貢献?すみません、なんかかっこつけました。そういうママたちを集めてたくさん儲かってママたちもいっぱい稼がしてあげたいな!と思ったのです。)

そして、思い立ったら即行動しないと気が済まない性格なので、ツテをたどり、ご縁があって、とんとん拍子に話が進み、チアーマザーズができました。

はじめは資金も何もないので、オフィスを間借りし、無料の求人サイトで保育士と働きたいママを募集し、自分で営業に出てお客様を開拓し・・・。

設立から数年経ち、いくつもの試練や壁がありましたが、その度に周りに支えられ今があります。
今は50名近くのママたちが共に同じ志を持って活躍してくれています。

子供がいても働きたい!というママ
結婚妊娠出産後も働きやすい職場で働きたいという女性
キャリアアップをしたい、という方、

ぜひチアーマザーズで一緒に働きましょう。

そして、世の中の頑張るママたちを応援したい!
と思った方はチアーマザーズに発注を!お待ちしています。笑

これからも、「ママの雇用」をたくさん増やしていきたいと思っています。

採用情報

投稿者プロフィール

mikus
mikus
チアーマザーズ株式会社にてママを代表して取り締まっています。
0